香典の連名って実は微妙なんです。

 

お香典金額

 

香典の連名!何が微妙なんでしょうか?

 

町屋斎場の葬儀や家族葬を例に、まとめてみました。

 

香典の連名とは・・・

香典の連名とは一体どういうこと・・・

 

香典の連名?ってなに?って人もいると思いますので・・・

 

まずか香典の連名について説明します。

 

お香典はご存知かと思います。

 

葬儀の時に封筒にお金を入れて、渡すものです。

 

封筒には仏式であれば、御霊前と書いてありますね。

 

そのお香典を2名と3名とかで一緒に出す事を連名といいます。

 

なので御霊前の封筒には、2名の名前が書いてあったり、3名の名前が書いてあったりします。

 

連名って微妙

町屋斎場の葬儀や家族葬でも、時々、連名のお香典がみられます。

 

だけど実はお香典の連名って微妙なんです。

 

意外とご遺族を困らせるんですよね。

 

なぜ微妙なのか、みていきましょう。

 

返礼品をいくつ返すか・・・

ほとんどの場合、お香典は1人で出します。

 

ですので、1人に対して返礼品を1つ渡すのです。

 

では連名の場合はどうでしょうか。

 

たとえば3名の連名であったらどうでしょうか?

 

3個の返礼品を返せばよいのか、お香典の数の1個を返せばよいのか?

 

お香典の金額がすぐにわからないので、何個返せばいいのか迷うのです。

 

金額が多ければ3個返すべきですが、少なければ1個で妥当となります。

 

これがわからないので困ってしまうわけです。

 

連名はやめて個人で出しましょう

このようにご遺族を悩ます、連名のお香典。

 

ですので、みなさん、お香典は個人で出しましょう。

 

Sponsord Link