告別式と通夜って何が違うの?

 

疑問

 

町屋斎場の家族葬や一般葬を例に、みていきましょう。

 

告別式と通夜の違い

告別式と通夜の違いとはなんでしょうか?

 

よく聞く言葉ではありますが、あまり葬儀に参列した事がない若い方などは、知らない人もいると思います。

 

通夜は、言葉の通り、夜に行います。

告別式は通夜の次の日に行います。

 

通夜とは

町屋斎場の家族葬や一般葬の場合は、午後6時から通夜が行われる事がほとんどです。

 

約45分くらい、お坊さんがお経を読んでくれます。

 

その間に、遺族、親族、一般の会葬者の方もお焼香を行います。

 

45分くらいでお通夜は閉式して、終了となります。

 

次の日の告別式まで、儀式は行いません。

 

告別式とは

告別式とは、お通夜の次の日に行われる儀式です。

 

町屋斎場の家族葬や一般葬では、午前10時または午前11時から葬儀告別式の開式となります。

 

だいたい40分くらい、お坊さんがお経を読みます。

 

この間に、遺族、親族、一般の会葬者がお焼香を行います。

 

40分ほどの葬儀告別式が終了したら、お別れの儀へとうつります。

 

お別れの儀では、故人のお棺の中に、お花などをお入れして、最後のお別れを行います。

 

最後のお別れが済みましたら、火葬棟へ出棺というながれになります。

 

町屋斎場の場合、火葬場は同建物内にありますので、中を移動するだけです。

 

Sponsord Link