喪主の役割が簡単にわかるように説明していきます。

 

喪主

Sponsord Link

 

町屋斎場の家族葬や一般葬における喪主の役割をみていきましょう。

 

喪主と施主

喪主(もしゅ)に似た呼び方で施主(せしゅ)というのがあります。

施主がいない場合は喪主が施主を兼ねます。

 

施主とは、経済的負担をする人の事です。

喪主は、葬儀の運営管理の責任者です。

 

まず最初に葬儀社を決定

喪主は最初に葬儀社を決定しなければなりません。

病院や警察からご遺体を搬送する場合、葬儀社に依頼しなければならないからです。

 

ご遺体の安置場所の決定

病院や警察からご遺体を搬送する時、どこに搬送するか決めなければなりません。

搬送先は、ご自宅、葬儀社の安置所、火葬場の安置所、民間の安置所などがあります。

 

葬儀社と打合せ

ご遺体の安置が終わり、線香で供養したら、葬儀社と打合せを行います。

打合せの内容も詳細に説明していきます。

 

宗教者への報告

たとえば、どこかの菩提寺の檀家であれば、お寺に連絡しなければなりません。

町屋斎場の空き日程と、お寺さんのスケジュールを確認して日程を決定します。

 

お寺とのお付き合いが無い場合は、葬儀社などにお寺を紹介してもらいます。

紹介の場合は、日程はご家族の希望で決定して問題ありません。

 

参列人数の確認

参列人数を確認します。

たとえば町屋斎場で家族葬を行うのか、一般葬を行うのか、規模によって参列人数が違くなります。

人数によって、準備が異なってきます。

 

参列人数がだいたい把握できたら、関係各位に訃報をながします。

 

葬儀委員長、弔辞、受付などの手配

家族葬の場合は、依頼しない事がほとんどですが・・・

一般葬の場合、葬儀委員長や弔辞、受付など誰かに依頼する場合があります。

 

そういった場合は、喪主が事前に連絡を取り、丁重にお願いする必要があります。

 

喪主は葬儀の責任者であり窓口であり、管理運営を行う

喪主は葬儀の責任者であり窓口であり、葬儀社と共に管理運営を行います。

 

葬儀社えらびを間違えて・・100万高くなる・・

喪主の役割として、一番大事な事の1つはなんと言っても葬儀社えらびです。

 

葬儀社えらびを間違えると低価格で良心的な葬儀社より100万高いなんて普通にあります。

ですので事前に準備をしておくことが重要なのです。

 

何も知らずに、葬儀社任せにしたら、それこそ、どんどん高額になりますよ。

基本的に葬儀社も売上も利益も上げたいのですから、当たり前なのです。

 

以下の方法で探せば誰でもカンタンに格安の葬儀社に依頼が可能です。

無料ですので見積りだけでも取得しておけば、他の葬儀社に依頼する場合でも交渉の材料になります。

→格安の葬儀社をカンタンに探す方法!最安値の家族葬!

 

最安値で評判の良い葬儀社

町屋斎場でよく葬儀を行っている葬儀社の中で・・・

最安値の葬儀社の1つを紹介します。

 

口コミの評判もよく、リピーターも多い葬儀社です。

→口コミで本当に安いと言われている葬儀社!町屋斎場の格安家族葬!

 

Sponsord Link