喪主が妻!

つまり奥さんが喪主を行う場合とはどんな場合?

 

告別式と収骨

Sponsord Link

 

町屋斎場の家族葬や一般葬を例に、妻が喪主について、みていきましょう。

 

妻が喪主をする場合

妻が喪主をする場合についてみてみましょう。

 

妻が喪主をする場合というのは、夫がお亡くなりになった場合が多いですね。

夫が亡くなった場合でも、妻がかなり高齢の場合は、子供かまたは他の親族が喪主をつとめることもあります。

 

または、妻の親が亡くなった場合、妻の直系の親なので、夫ではなく妻が喪主を行う事があります。

 

 

妻が喪主をしない場合

妻が喪主をしない場合は、どんな場合でしょう。

夫がいる場合は、夫が喪主をつとめる場合が多いので、妻が喪主をしない場合が多いでしょう。

 

妻の子供が喪主を務められるのであれば、子供が行うこともあります。

 

喪主は男性でないとは古い

喪主は男性でないとという考え方は、もう古いです。

戦前や戦後まもなくの時は、どうしても男性が偉いという考え方がおおきかったですね。

 

なので、なんでも責任者は男性がすることが、ほとんどでした。

葬儀にもそういったことが言えたでしょう。

 

しかし、現代社会では、男性と女性は平等という考え方になりつつあります。

 

喪主は長女

最近では喪主を長女が行うこともよくあることです。

たとえば、子供が娘しかおらず、娘が結婚していない場合・・・

親の葬儀の喪主は娘たちが行うと考えるのが普通です。

 

娘が既婚の女性であれば、夫が喪主を行う場合もありますが・・・

独身の場合は、娘が喪主をつとめるしかありませんね。

 

現代社会では結婚しない人が増えています。

今後はもっと女性の喪主が増えるでしょう。

 

町屋斎場の喪主

町屋斎場で行われる葬儀や家族葬の喪主さんはどうでしょうか?

 

実際に現場でいみていると、やはり男性の喪主が多いのは多いですが・・・

女性の方が喪主をつとめている場合も普通にあります。

 

良い葬儀社探しが重要

喪主は妻でも娘でも大丈夫です。

なんの問題もありません。

 

喪主が決まったら、あと葬儀で重要なポイントは良い葬儀社探しです。

てきとうに葬儀社を選ぶと、高額な葬儀となり、後悔することがよくありますので要注意なのです。

 

 

良い葬儀社が簡単に見つかる

実は良い葬儀社は簡単に見つかります。

なんでもそうですが、知っている人は簡単に見つけているのです。

 

知らない人は、探し方がわからず、高額な葬儀社に依頼することになるかもしれません。

ぜひ、ご覧ください。

 

知っている人は、みなさん利用しています。

→格安の葬儀社をカンタンに探す方法!最安値の家族葬!

 

町屋斎場で最安値級の葬儀社

以下に町屋斎場で最安値級の葬儀社をご紹介します。

私の知る限りもっとも安いです。

 

しかも評判がよいので、葬儀業界の人間もよく依頼しています。

→口コミで本当に安いと言われている葬儀社!町屋斎場の格安家族葬!

 

無料のメール相談が増加中

最近では無料のメール相談が増えています。

いきなり電話で相談というのは、なかなか難しいですからね。

 

メール相談をきっかけに、多数の方が、納得のいく葬儀相談ができているようです。

ぜひ、お気軽にこちらまで。

→メールで無料相談をご希望の方はコチラ

 

 

Sponsord Link