家族葬とは?

一般葬と方式は異なるのでしょうか?

 

町屋斎場で家族葬!喪主のやる事は?

 

家族葬と一般葬・・・・

何が同じで何が異なるのか?まとめてみました。

 

基本的に方式は同じ

家族葬と一般葬・・・

 

基本的に方式は同じです。

 

葬儀の時間、ながれ、内容、基本的には、なんら変わりはありません。

 

参列する人数が違う!

家族葬と一般葬、では一体、何が違うのか?

 

参列する人達や人数が異なります。

 

家族葬の場合、参列する人々は、親族や本当に親しい人に限られます。

一般葬の場合、不特定多数の人々が参列します。

 

これはすごく大きな違いです。

 

この違いにより準備する事が大きく変化してきます。

 

準備の違いは?

家族葬と一般葬の準備の違いは?

例をあげてまとめてみました。

 

●一般葬の場合、祭壇などの葬儀備品が高額になる傾向が強い

●一般葬の場合、目上のお客様も参列する事が多いので、失礼のないよう準備しなければならない。

●一般葬の場合、料理や返礼品も足りなくならないように、しっかりと準備しなければならない。家族葬の場合、親族がOKであれば準備しなくてもよい。

 

家族葬と一般葬の違い まとめ

一般葬は、目上のお客様が参列に来てくださるので、遺族と親族が総出で準備をして気を使わなくてはならない。

 

家族葬は、家族と親族だけなので、ゆっくりと葬儀ができる。

 

Sponsord Link