町屋斎場での葬儀の日程の決め方とはどのようにするのでしょうか?

 

カレンダー友引

 

町屋斎場の家族葬を例に、日程の決め方を説明いたします。

 

まずは町屋斎場の空き状況

町屋斎場は誰でも利用できる、葬儀場付きの火葬場です。

 

冬場は葬儀場も大変込みあっています。

 

込んでいる時は1週間待ちの場合もあるのです。

 

町屋斎場で葬儀や家族葬を行う場合には、まず町屋斎場の最短の空き状況を確認します。

 

町屋斎場の友引は火葬業務がお休み

町屋斎場の友引は火葬業務がお休みとなります。

 

ですので、友引前日のお通夜と友引当日の火葬、というスケジュールは予約できません。

 

遺族・親族のスケジュール

町屋斎場の空き状況を確認したら、遺族・親族のスケジュールを確認しましょう。

 

遺族・親族のスケジュールを確認して、町屋斎場の空いている日程で仮予約をします。

 

仮予約は葬儀社の担当者の方がしてくれます。

 

宗教者のスケジュール

そして宗教者のスケジュールを確認しなければなりません。

 

仮予約した町屋斎場の日程で、宗教の方が家族葬や葬儀が可能か確認してもらいます。

 

もし、スケジュールが厳しいようであれば、また1から予約しなおしとなります。

 

Sponsord Link