家族葬や一般葬など、葬儀で喪主をつとめる事になった場合・・・・

 

エンディングノート (2)

 

何をすればいいのか?事前準備は?と心配になる方も多いと思います。

 

町屋斎場の家族葬や一般葬における喪主の準備についてまとめました。

 

喪主は全体の窓口

喪主は葬儀全体の窓口となります。

 

家族葬や一般葬における葬儀全体の詳細を把握しなければなりません。

 

訃報などに喪主の名前が書かれますので、問い合わせなどの対応の判断をしなければなりません。

 

このように葬儀施行における、全体の責任者になるわけです。

 

喪主の挨拶

町屋斎場での家族葬や一般葬などの葬儀では、喪主が挨拶をするのが一般的です。

 

出棺の前のご挨拶

最後のお食事の前のご挨拶

 

これらは、メモを見ても問題ありませんが、何を話すかはまとめておいた方がよいでしょう。

 

喪主の服装

喪主の服装は、現在、一般的な喪服で問題ありません。

 

一般的な黒のスーツで大丈夫です。

 

日本では、ほとんどの場合で仏式の葬儀となります。

 

仏式の場合は、数珠が必要不可欠です。

 

喪主であればなおさらですので、準備しておきましょう。

 

Sponsord Link