町屋斎場で葬儀や家族葬を行う場合、どのような準備が

必要でしょうか。

 

家族葬の準備

 

家族葬の場合の必要な準備は一般葬とは少し異なります。

 

家族葬の準備

①親族や親しい人だけに訃報を伝える

家族葬の場合は参列する人数は限られますので、その

方々だけに訃報を伝えます。

 

※一般葬の場合、すべて関係者に訃報を伝えなければ

なりません。どこまでお知らせするのかを含めて準備は

大変です。

町会の訃報に貼りつけてもらったり、社内に訃報をまわ

してもらったりと、お願いする事も多数です。

 

②受付は臨機応変に

家族葬の場合、参列の人数は少ないので、受付も

あまり気にする必要はありません。

受けるだけであれば、葬儀社が代理でも行えますし、

ご親戚の方が簡単に受付をしてもOKです。

 

※一般葬の場合は、多数の方が来られるので、窓口

を分けたり、金額もその場で計算します。

しかも、そのお手伝いは町会の方だったり、会社の

方だったりと、お願いするわけです。

準備が大変になるのはあきらかですね。

 

③料理やお香典返しも自由

親族が了承のもとであれば、省略して準備しなくて

もかまいません。

人数も把握しやすいです。

 

※一般葬の場合はすべての人数を予測して準備しな

ければなりません。

料理の数の予測は大変、難しいです。

 

Sponsord Link