供花の種類や葬儀社でもそれぞれ値段が違う!

そうなのです。

 

生花

Sponsord Link

 

供花は種類がいろいろあります。

値段もそれぞれです。

葬儀社によっても値段が異なります。

 

今回は町屋斎場の家族葬や葬儀における供花の種類についてみていきましょう。

 

供花の種類

四ツ木斎場をみていても供花の種類は近年、すごく増えてきました。

 

一番スタンダードなのは白菊ですね。

これは今も昔もあります。

昔は、ほとんどが、白菊でした。

 

最近では洋花もあります。

洋花のタイプは、菊を使わないカタチで、よくお花屋さんにあるような花束をイメージしてください。

 

洋花はピンク系や、ムラサキ系、白系など、様々なタイプがあります。

 

供花の金額

供花の金額は、大きさや付け足しのお花できまります。

 

スタンダードな白菊、洋花ピンク、洋花ムラサキ、洋花ホワイト、これらは金額は同じです。

たとえば15000円としておきましょう。

 

これらをベースに、胡蝶蘭とカトレア、デンファレなどを追加すると、20000円となったりするわけです。

 

 

 

高価な花材の供花

たとえば供花の種類でも金額が異なる場合があります。

高価な花材の供花の場合ですね。

 

たとえば胡蝶蘭だけの供花や、百合だけの供花などは、花材が高価なので・・・・

それだけで20000円や30000円という供花もあります。

 

葬儀社によっても供花の値段は異なる

葬儀社によっても供花の値段が異なります。

それはなぜかというと・・・・

 

葬儀社の仕入れ値によります。

花屋さんによって仕入値もそれぞれなのです。

 

あとは葬儀社の値段設定によります。

仕入値は一緒でも葬儀社によって売値が異なります。

 

これらの理由により、葬儀社によっても供花の値段は変わってきます。

 

供花の種類は統一されている場合が多い

供花の依頼は葬儀社にするのが一般的です。

時々、知り合いの花屋さんや、会社で抱えている花屋さんで依頼する事がありますが・・・

それは、祭壇の雰囲気を壊してしまうおそれもあるので、できればやめておきましょう。

 

基本的には、供花の種類は見栄えを統一するため、白菊なら全部白菊、洋花ムラサキなら全部洋花ムラサキとされる場合が多いですね。

なので、供花の種類は、ご遺族と葬儀社にお任せになる場合が多いのです。

 

それを、外部の花屋さんに供花を依頼してしまうと、札の種類も違う、花材も違う、1つういてしまった・・・

なんて事になるのです。

注意しましょう。

 

供花の種類・・最後にこれを絶対にみてください。

葬儀の供花について、調べたよい機会に、以下の事を覚えておいてください。

葬儀というのは事前の準備をすることにより、驚くほど安くなります。

 

基本的に葬儀は高額なのです。

適当に依頼すると高いのが当たり前です。

 

しかし、安くて優秀な葬儀社もあります。

ですがそういった葬儀社は事前に準備をしておかなければ、依頼できません。

 

高額な葬儀社と安い葬儀社、その差額は、本当に50万とか100万など普通です。

 

もしもの時に、後悔しないように、ぜひ、以下をご覧ください。

→格安の葬儀社をカンタンに探す方法!最安値の家族葬!

 

時間がない方も・・・

 

どうしても事前の準備の時間がとれない方もいらっしゃると思います。

以下をみてください。

 

格安で優秀と評判の葬儀社です。

ぜひ、参考にしてください。

→口コミで本当に安いと言われている葬儀社!町屋斎場の格安家族葬!

 

 

Sponsord Link