家族葬に花を贈る方法はどうすればよいのでしょうか?

 

キクの花

 

町屋斎場の家族葬を例にみていきましょう。

 

花を贈るとは?

花を贈るとは?

 

現代の家族葬や一般葬に花を贈るとは、供花の事になります。

 

東京やその近郊では、花輪を出す事はかなり少なくなりました。

 

葬儀場や斎場によっては花輪を出す事もできません。

 

町屋斎場も花輪を出すことはできません。

 

ですので花を贈るということは供花を贈るという事になります。

 

供花とは祭壇の両脇に、出してくれた方の名札をつけて飾られる籠花ですね。

 

供花は葬儀社に依頼

供花は葬儀社に依頼しましょう。

 

葬儀社の連絡先はご遺族または、葬儀場や斎場に連絡すると教えていただけます。

 

花を贈るまえに確認が大切

供花を贈る場合、贈る前に確認が大切です。

 

一般葬の場合は辞退する事はまずありませんが、家族葬の場合は供花を辞退している場合があります。

 

辞退しているのに、供花が贈られてきたら、ご遺族は困ってしまいます。

 

必ず事前に確認しましょう。

 

Sponsord Link