町屋斎場の家族葬の全てを。常日頃、実際に町屋斎場で葬儀をサポートしていた元葬儀社の担当者がまとめました。町屋斎場の葬儀や家族葬の費用を安くするコツや、ご遺族が心から満足して故人様をお見送りするためのポイントなど、是非、ご覧ください。

町屋斎場の時代による葬儀の移り変わり

  • HOME »
  • 町屋斎場の時代による葬儀の移り変わり

昨今、町屋斎場における葬儀の割合を見てみると明らかに家族葬の割合が増えています。

一般の人々を呼ぶ葬儀の事を一般葬と呼びます。
家族葬とはその逆のことで家族のみ呼んで葬儀をするという事になります。

しかし、実際には家族葬とはいえど、親戚までは声をかける事が多く、今、家族葬と呼ばれている葬儀は親族葬と言った方が正しいと言えるでしょう。

それでは町屋斎場の葬儀の移り変わりをみてみましょう。

もうそれこそ100年くらい前の話になりますが、町屋斎場は始め火葬場しかありませんでした。

葬儀場は無く火葬施設だけだったんですね。

昔、葬儀は全国的にみても、ほとんどの人々がご自宅で執り行っていました。

なので、火葬場に葬儀場は必要なかったのですね。

gahag-0109954599-1

Sponsord Link

1980年代ころまでは、ほとんどがご自宅でご葬儀を執り行い、家族葬ではなく一般の方をお呼びする一般葬がごく普通でした。

ご自宅を葬儀場にするわけですから幕を貼ったり、テントをたてたり、参列者の接待場所、そして机や椅子など準備でてんてこ舞いなわけです。

家族だけでは準備は不可能です。
町会ぐるみ、ご近所ぐるみでないと無理なのです。

なので受付や配膳さんは、町会さんやご近所さんに依頼していたわけですね。

町屋斎場の近隣である荒川区、墨田区、足立区、台東区、などの自宅葬儀では、家のまわりから、ご近所までかなりの数の花輪が、並んで出ていましたよね。

1990年代くらいから、葬儀場で葬儀を執り行う方が増えてきましたね。

自宅を葬儀場に模様替えする必要もないし、テントも用意しなくていい、接待する場所を用意しなくてもよい、そうなんです。葬儀場で葬儀をした方が圧倒的に楽なのです。

その葬儀場の1つが町屋斎場です。

また、町屋斎場では花輪が飾れません。それでどうなったかというと、花輪に変わって生花(供花)になったのです。

祭壇の横に、子供一同など札がささってる花の事ですね。

花輪ほど大きい物を飾れるスペースが無くなり、生花(供花)に変化していったんですね。

p1

2000年を過ぎると、もうご自宅で葬儀をする方はほとんど、いなくなってきました。

それともう一つ変化が起きました。

一般葬から家族葬へと葬儀のスタイルが変わって来たのです。

なぜ家族葬が増えているのかは、町屋斎場の家族葬とは、のページをご覧ください。

2025年ごろ、町屋斎場の葬儀は、ほとんど家族葬になっているのではないかと思われます。

また、通夜を行わない1日葬というスタイルも今後、増えていくでしょう。

しかし、もっとも増えるのは火葬のみという葬儀スタイルの直葬かもしれません。

お通夜も告別式も行わない直葬が、町屋斎場の葬儀スタイルの主流になる日も近いのかもしれません。

 

葬儀は準備が重要!するだけで50万安い?

 

葬儀は準備が重要です。

事前の準備をするだけで50万は安くなる?

 

市場には、昔のまま高額請求を続ける葬儀社がたくさんあります。

何も知らない人が、お任せで依頼してしまうと、とんでもない高額葬儀になります。

 

ですが、やり方さえ知っていれば、誰でも安くて良い葬儀社を探す事ができます。

 

高額な葬儀で遺族が後悔しないように、ぜひ見てください。

→格安の葬儀社をカンタンに探す方法!最安値の家族葬!

 

知る人ぞ知る!最安値の葬儀社!

知る人ぞ知る!町屋斎場の最安値の葬儀社です。

 

専門家や口コミで話題の用です。

本当に安くて評判の良いので、ぜひ、一度みてください。

→口コミで本当に安いと言われている葬儀社!町屋斎場の格安家族葬!

 

Sponsord Link

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-81-9494(フリーダイヤル) 受付時間 24時間年中無休

PAGETOP
Copyright 家族葬専門店ダビディア All Rights Reserved.