喪主の簡単な決め方があります。

 

喪主 (3)

 

たとえば町屋斎場で葬儀や家族葬を行う場合の喪主の決め方についてまとめました。

 

喪主がお金を払うの?

喪主が葬儀代や町屋斎場の使用料のお金を払うの?

 

喪主と施主という言葉があります。

 

それぞれの意味を以下に記します。

 

喪主・・・葬儀全般を取り仕切り、連絡の窓口であり責任者。

施主・・・葬儀代や町屋斎場の費用など、葬儀の費用的な部分を支払う人

 

喪主と施主を兼ねる場合は、喪主がお金を支払いますが、喪主が必ずしもお金を払う訳ではありません。

 

喪主が葬儀社と打合せ

喪主が葬儀社と打合せを行い、葬儀の内容などを決定しなければなりません。

 

喪主には葬儀運営の責任があります。

 

喪主の簡単な決め方

喪主は葬儀の運営・管理を行わなければなりません。

ですので大変は役割であります。

 

ですが・・・支払いは施主が行うと決めておけば、喪主も安心するでしょう。

喪主は簡単に決まります。

 

施主はおいおい決めればよいでしょう。

 

もしかしたら施主も喪主が行うかもしれませんし、施主は喪主とは違う方になるかもしれません。

 

Sponsord Link