家族葬を執り行う場合の理由は何て言えば一番体裁がいいので

しょうか?

 

一般葬や家族葬の祭壇

 

町屋斎場で家族葬を執り行う場合を例にまとめてみました。

 

故人の遺志

故人の遺志を理由にするのが一番、みなさんが納得のいく

方法です。

 

「故人の遺志で家族葬を執り行います。

生前から本人が家族葬にしてくれ、と常々言っていたので

本人の意思を尊重しています。」

 

この理由が一番、カドが立たず、まわりの方々が納得される

方法でしょう。

 

場所に関しても、町屋斎場での家族葬を本人が希望していた

と言えば、一番良いでしょう。

 

実際に本人が希望するケースも増えています。

 

家族葬にする理由

家族葬を行う理由はみなさん様々ですが、代表的には以下の

ような理由があげられます。

 

「まわりを気にせず、身内だけでゆっくりと故人をお見送り

したいから。」

 

「一般葬にすると、一般のご弔問の皆様に気をつかわなけれ

ばならず、葬儀どころではないから」

 

家族葬にする理由はこういった本音も当然あるのです。

 

本音は言わない方がいい場合も・・

家族葬にする理由は様々ですが・・・

 

個人的な理由で家族葬にしてしまうと、まわりからガヤガヤ

言われてトラブルになる可能性も・・・

 

故人のためにも、故人の遺志と伝える事が、いい方法と言える

場合もあるのではないかと思います。

 

Sponsord Link