町屋斎場で家族葬を行うための段取りはどのように誰が

すればよいのでしょうか?

 

打合せ

 

町屋斎場で家族葬を執り行うための段取りをまとめました。

 

段取りは喪主

町屋斎場での家族葬の段取りは喪主が中心となり、葬儀社と

行います。

 

葬儀社の担当者が主導で、段取りの確認をしてくれますので

安心です。

 

まずは葬儀場と火葬場の場所

最初に遺族の予定を考慮しながら葬儀を行う葬儀場と火葬場

を決定し、空き状況を確認する。

 

町屋斎場の場合は葬儀場と火葬場が一体となっているので、

葬儀場の予約と火葬場の予約が同時にできるので大変、

便利です。

 

空き状況から、希望の日時を選択して、宗教者の都合も確認

しながら、日時を決定する。

 

参列の人数を把握する

家族葬なので、遺族と親族になるかと思いますが、全員で

何名くらいか確認しておく。

 

料理や返礼品の数を決定する

参列人数を予想し、決定したら、料理のボリュームや

返礼品の数を決定する。

 

宗教者

宗教者と相談して、戒名代を含めたお布施代金を確認する。

 

Sponsord Link