台東区で家族葬!

会社の経費・損金にすることは可能?

 

方法

Sponsord Link

台東区民がよく利用される斎場に町屋斎場があります。

町屋斎場の家族葬を例に、会社の経費、についてみていきましょう。

 

社葬とは・・・

社葬と言われると、みなさん、だいたいの意味はわかるかと思います。

会社で行う葬儀ですね。

 

会社の社長さんなどが亡くなった時に、会社主催で行われる葬儀です。

会社で行うので、会社が葬儀費用を負担します。

 

会社が主催して行うわけですから、かかった費用は経費、つまり損金として扱う事が可能です。

※葬儀費用の中でも損金として扱われない項目もある。

※香典は法人の収入とせず遺族とする

 

しかし、社葬として行うにはある条件があります。

社葬を行うには社会通念上相当と認められないとなりません。

 

つまり、生前における故人の会社へ貢献度や死亡事由を考慮して、会社が葬儀を執り行うにわさわしいと判断されれば、社会通念上相当と認められ、社葬が可能となります。

これにあてはまらなけば、社葬はできない、という事になります。

 

家族葬で経費は可能か?

葬儀を会社の経費にするということは、社葬という扱いになります。

しかし、社葬という大げさな扱いにしたくないので、家族葬で経費にできないか、という思われている社長さんも多いのではないでしょうか。

 

たとえば家族経営などの中小企業の場合、社長または家族や親族である役員が亡くなった際に、大々的に社葬とはうたいたくないが、社会通念上相当と認められるので、会社の経費として葬儀を行いたい・・・という場合があると思います。

つまり社長や家族の役員が亡くなったが、大げさにしたくないので家族葬として行うが、経費にしたい・・・という場合です。

 

結論として、お抱えの税理士さんと相談して、上手に行えば可能かと思います。

 

見た目は家族葬で社葬にすればいい?

見た目は家族葬ですが、事務処理を社葬にすれば可能かと思います。

 

つまり、対外的には家族葬とうたい近親者のみで葬儀を行いますが、葬儀費用は会社で支払いを行い、領収書などは会社宛てにしてもらう。

会葬礼状などは会社にするのか、個人名にするのかどうかなどは、税理士さんと検討しましょう。

 

ですが、そもそも社葬にして、家族と親族しか呼ばない、という事も可能かとは思います。

 

損金にできるかどうかは、社会通念上に相当するかどうかや、税理士さんの判断にもよると思いますので、事前によく検討しておきましょう。

 

町屋斎場の格安家族葬

 

いくら会社の損金にするとはいえ、経費もそんなに使えるわけではありませんよね。

 

以下に町屋斎場で格安なのに口コミの評価が高い葬儀社をご紹介します。

→口コミで本当に安いと言われている葬儀社!町屋斎場の格安家族葬!

 

社葬の事前相談は・・・

 

上手に社葬を行うためにも、事前の準備はかなり重要です。

ぜひ、無料相談を利用しましょう。

 

フリーダイヤル

0120-81-9494

 

メール相談も無料です。

→メールで無料相談をご希望の方はコチラ

 

Sponsord Link