町屋斎場の新型コロナウィルスでの葬儀や直葬の対応は?

 

ウィルス

Sponsord Link

 

新型コロナウィルスは葬儀業界へも多大なる影響を及ぼしているようです。

町屋斎場の家族葬や直葬を例に、詳しくみていきましょう。

 

志村けんさんが葬儀ができなかった事実

志村けんさんが、残念ながら新型コロナウィルスでお亡くなりになりました。

その際に、遺族の悲しい現実も一緒に報道されました。

 

お亡くなりになった後は、面会することもできなかった。

もちろん葬儀をすることもできず、火葬に立ち会う事もできず、遺族の元へ志村けんさんが帰ってきた時には、すでに、お骨になっていたとのことです。

 

新型コロナウィルスの影響

つまり、現段階では新型コロナウィルスでお亡くなりになると、誰であろうと感染のリスクが発生するために、葬儀ができないという事なのです。

 

お身内の方が、新型コロナウィルスでお亡くなりになると、本当に悲しい最後のお別れになるのです。

絶対に、新型コロナウィルスを軽視してはいけません。

 

最大限に気を付けて感染対策を意識しましょう。

 

町屋斎場も同じ

町屋斎場でももちろん、新型コロナウィルスでお亡くなりになった方の葬儀はできません。

それでは、火葬はどうでしょうか。

 

新型コロナウィルスでお亡くなりになっても火葬だけは、どこかでしなければなりません。

しかし、どこで火葬が可能なわけではないようです。

 

感染対策など、準備をしなければなりませんので、限定されているようです。

現段階では、町屋斎場が火葬の受け入れをしているかわかりませんが、直接、お問い合わせをすれば確認できるでしょう。

 

町屋斎場には更なる影響も、、、

町屋斎場だけでなく他の斎場でも同様ですが、葬儀業界には更なる影響が出ています。

感染対策による3密の自粛、いわゆる密閉、密集、密接、の自粛ですね。

 

葬儀は不特定多数のたくさんの方々が集まります。

つまり、これら3密がすべて、あてはまってしまいます。

 

みなさん、もちろん、自粛傾向になるのは、仕方がありません。

今、現在、葬儀業界は一般の人々を呼ぶ葬儀は自粛傾向にあり、本当にごく少人数の家族葬か、、

または式を行わない直葬、いわゆる火葬のみというのが主流になっています。

 

経済的な打撃は葬儀業界もかなりの大きさになっています。

 

少人数の家族葬の選び方

 

これからは少人数の家族葬が主流になるでしょう。

葬儀業界も不景気になるので、家族葬なのに驚くほど高額な葬儀社などが増えてくるので注意が必要です。

 

信頼できるプロの葬儀紹介サイトを利用しましょう。

→格安の葬儀社をカンタンに探す方法!最安値の家族葬!

 

町屋斎場で少人数の家族葬

 

町屋斎場の少人数の家族葬なら・・・

町屋斎場に慣れて特化している格安葬儀社をご紹介です。

→口コミで本当に安いと言われている葬儀社!町屋斎場の格安家族葬!

 

事前相談で安心

葬儀は必ず事前相談をおススメします。

葬儀を後悔している方々は、ほとんどの方が事前の相談をしていません。

 

フリーダイヤル

0120-81-9494

 

メールでの相談もお気軽に

→メールで無料相談をご希望の方はコチラ

 

 

Sponsord Link