葬儀の訃報の連絡は誰にしたらいいのでしょうか?

 

訃報

 

町屋斎場における家族葬や一般葬の訃報の連絡について

まとめました。

 

訃報とは

葬儀の日時や、喪主の連絡先、葬儀場の連絡先、

葬儀社の連絡先、供花やお供物のご依頼先、など

が記載してある葬儀の案内です。

 

訃報については葬儀の形式による

訃報を誰に連絡すればよいのか、それは葬儀に形式

によります。

 

一般葬であれば大々的に訃報をまわさなければなり

ません。

 

家族葬であれば、限られた範囲内で構わないでしょう。

 

一般葬の訃報

町屋斎場における一般葬の訃報であれば、関係するところ

へは、すべて訃報を流した方がよいでしょう。

 

親戚関係

町会関係

故人のその他関連する団体関係

会社関係(故人および遺族全員の)

友人関係(故人および遺族全員の)

 

一般葬の場合は、故人および遺族の関係先のすべてに

訃報をまわします。

 

家族葬の訃報

家族葬の訃報の場合は、あくまでも参列する方々だけに

訃報をまわしましょう。

 

慶弔休暇の関係で、ご遺族の会社には葬儀の事を報告し

しますが、簡単な報告のみで訃報までは、提出する必要

はないかもしれません。

 

会社に確認してみましょう。

 

Sponsord Link