葬儀費用の食事について考えてみましょう。

もしかすると葬儀費用を安くする事ができるかもしれません。

 

オードブル

 

町屋斎場では当然ですが、どこの葬儀場でも同じ考え方なの

で、検討してみてください。

 

食事は強制ではありません

葬儀の時の食事と言えば・・・

 

①お通夜の後のお清め

②告別式の後の精進落とし

 

の2つですね。

 

これは、必ずしも強制ではありません。

 

家族葬では無しに?

お通夜や告別式の食事を無しに?

できないでしょうか。

 

食事を無しにできたら、その分、葬儀費用が安くなります

よね。

 

実は、家族葬では食事をなしにする事が可能です。

 

まず、本当に家族だけで葬儀を行った場合・・・

家に帰ってから食事をすればいいですよね。

わざわざ葬儀場で食べる必要はありません。

 

もし、親族も参列する家族葬でも、事前にその旨を伝えて

おけば、それほど問題はありません。

 

食事を準備しないのであれば、お香典も辞退しておくと

丁寧でしょう。

 

お香典を辞退する場合は、必ず、必ず、事前にしっかりと

お伝えしましょう。

 

一般葬では無しにできない?

食事を無しにする事は一般葬でも可能でしょうか?

 

実は・・・

 

一般葬ではおススメしません。

 

なぜかというと・・・

完全に失礼にあたってしまうからです。

 

一般葬の場合は、不特定多数の方々がお香典を持って、時間が

ない中、参列してくれます。

 

それで、食事のおもてなしも無し、では非常識になってしまい

ますよね。

 

Sponsord Link